January 1, 2018

クロワッサンって言える?


あけましておめでとうございます。
本年も当ブログへのアクセス、宜しくお願い致しマンモス。


カナダ在住と言ってもバンクーバーやトロントと違い、日本人も少なくて日本食料品店などない州に住んでおりますので、元旦の朝食はこれでした。


食いかけ汚ねぇなぁ。



そしてあることに気付いたんです。

クロワッサンと板チョコを一緒に食べるとあの日本のコンビニ(たしかローソン)で12年前によく食べていた板チョコデニッシュふうになる、と。

俺って天才じゃね?w


デニッシュはカナダのスーパーマーケットでも国民的ドーナツチェーン店のティムホートンズでも売っていますが、板チョコが入った、あの歯ごたえのあるデニッシュはお目にかかったことがありません。

ちなみにデニッシュは英語でもそのまま「デニッシュ」で通じます。商品名 danish を見ると、デンマークの食べ物なんですかね?

フライドポテトのことをフレンチフライと言ったり、陶磁器のことをチャイナって言ったり、国名をそのまま使うのって多いですね、英語って。


でも、クロワッサンはちょっとこっぱずかしいです、言うの。

Dictionary.com によると、「クロワッサン(croissant)」の発音記号は

krəˈsɑnts

で、「くろわっそーん」みたいな、ちょっとおフランスな感じなのです・・・!
(Dictionary.com は音声が聞けたり発音記号IPAを表示出来たり出来て便利ですね)

ハードル高い!

でも近所のローカルなカフェで、生クリームをたっぷり挟んでチョコをどっぷりかけた体に悪そうなくろわそーん(しかも大きい)があったりするので言わないわけにはいきません。


以前の記事(アイスを英語で )で、乳製品は牛さんがかわいそうだのなんだの言っておいて、バターたっぷりのクロワッサンに牛乳たっぷりのミルクチョコレートの写真(しかも食べかけ)を貼るっていうのもどうかと思うんですけどね。

あーおせち料理食べたい。



No comments:

Post a Comment

Note: Only a member of this blog may post a comment.