January 3, 2018

プライオリティー

うちの職場は「プライオリティ―」という言葉をよく使います。

決して意識高い系なわけではありません(笑)。






カナダは、というよりうちの職場は、残業を全くしないのでスケジュールがとてもタイトです。

なので毎日毎日仕事を終わらせて帰ることができないので、優先順位をつけなければいけません。

毎週の締め切りに間に合わせるには、

「最低でもこれだけは今週分として処理」
「これは来週分に回しても大丈夫」

というように分けなければいけません。







自分の業務的には、prioritize という形で
「いつも優先順位をつけて取り掛かってます。頭使ってます。」
と言いたい時に使っているので、priority という単語の使い方がイマイチわかっていませんでした。


「優先順位」という意味なのは知っていたので、
high priority とか low priority とかで使うのは本で読んだことがあったのですが、
the priority is high とかっていうのかな、どうなんだろう、と思いつつ、直接その単語を使用するのは避けていました。






ところが今日回ってきた手順書には、
〇〇〇(業務)is priority
とありました。

つまり「優先順位」というより「優先事項」という意味。

日本語では「プライオリティ―が高い」などの使い方をしてますが、英語では
「恋人はプライオリティー」
みたいな、昭和歌謡のタイトルのような使い方ができるようです。




プライオリティーがなんたら、ではなくて、priority が単体で使われることの衝撃と、それが太字で全部大文字で書いてあったので、もうその瞬間からこの曲(↓)が脳内をエンドレスリピート。


No comments:

Post a Comment