January 9, 2018

英会話デビューのその後




デビュー曲からの変化

Apple Music、すごすぎます。

僕が中学・高校生だった頃のアーティスト達の曲がデビュー曲からずらーっとダウンロード可能になっていて感動しています。

初めてCDを買ってから30年経つのかー(驚愕)。

たいていどの歌手も、デビュー曲はクセが無い初々しい歌い方なのが3年後ぐらいになるとロック歌手っぽい歌い方になったり、コンサート慣れして声に貫禄が出たり、その人流の歌い方が出てきますよね。

去年と今年、というレベルではなくて、デビュー曲と10年後・20年後に出た曲とい長い期間で聴き比べると、慣れや貫禄について考えさせられます。


初心者から中級者へ

英会話も同じかな、とふと思いました。

日本で英会話スクールに入会した20年前と、カナダに引越して10年以上経った今では、自分の話し方も変わったかな?と。

たくさんシングルやアルバムを出したりライブツアーをするようなことはありませんでしたが、たくさん読んだり書いたり話したり聞いたりしてきました。

デビュー当時(笑)よりは慣れたし、貫禄も出て来たのでは、と思います。

(すっかりアーティスト気取り)




継続は力なり

結局ありきたりな表現になってしまいますが、「継続は力なり」ですね。

自分の言葉である母語は変わらないかもしれないけれど、練習して習得する歌や第二言語は続けていればどんどん上達して、自分のスタイルが確立されるんじゃないかと思っています。

デビュー曲は楽譜通りにストレートに歌っていたアイドル歌手も、十数枚目のシングルになると自己流に歌うようになったりしてモノマネされたりしますよね。

初めは音声教材をただリピートしていた英会話の初心者も、毎日仕事で英語を使って十数年目になると、自分流の話し方が確立されて、友達に真似されたりするかもしれません(経験談)。











No comments:

Post a Comment

Note: Only a member of this blog may post a comment.